自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税の基礎知識

軽自動車について

軽自動車の場合、自動車税の納税は課されず、それに変わって軽自動車税の納税義務が課されます。軽自動車税は市町村税になるので、各市町村の税務課に申告と納税を行います。軽自動車税の対象となる軽自動車は、一般的には総排気量660cc以下の自動車を指します。軽自動車税は年税なので、その年度の税額を全額納めることになります。このため、4月2日以降に登録した場合、月割の課税や廃車した場合の月割の還付はありません。

これ以外に軽自動車税の対象となるものとして、原動機付自転車=一般的には総排気量125cc以下の小型自動二輪車、原動機付自転車。小型特殊自動車=一般的には小型のトラクターや農耕車、フォークリフト。二輪の軽自動車=一般的には総排気量125cc超250cc以下のバイク(二輪車)。二輪の小型自動車=一般的には総排気量250cc超のバイク。これらがあります。

軽自動車税の金額は、軽自動車の場合で、二輪で総排気量が125ccを超え250cc以下=2,400円。三輪で総排気量が660cc以下=3,100円。四輪以上(総排気量が660cc以下)(乗用)=営業用5,500円 自家用7,200円。同(貨物)=営業用3,000円 自家用4,000円。原動機付自転車の場合、総排気量が50cc以下(ミニカーを除く)=1,000円。二輪で総排気量が50ccを超え90cc以下=1,200円。二輪で総排気量が90ccを超え125cc以下=1,600円。ミニカー=2,500円。

小型特殊自動車の場合、農耕作業用(コンバイン、トラクター、田植え機など)=1,600円。特殊作業用(フォークリフト、ショベルローダーなど)=4,700円。二輪の小型自動車の場合、総排気量が250ccを超えるもので4,000円。このようになっています。


[リンク]ベンチャーキャピタルの求人はここで探そう!

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る