自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税の基礎知識

滞納時の対応

自動車税、納税通知書は、4月下旬〜5月上旬ごろに送付されてきます。納付期限があり、5月末までにお支払い下さいとあります。支払いが遅れると、ペナルティ−として納付する自動車税に滞納利子がつきます、納付期限から1ヶ月以内に納税した場合は年7.3%、それ以降になると年に14.6%もの高い利息がついてしまいます。延滞期間は、一年を365日として日割りで計算されます。

例えば 1501〜2000ccクラスに課せられる自動車税の年額39500を一年間滞納すると、約5500円ほど滞納金が加算されることになり、支払い額は45000円程になってしまいます。廃車した場合でも、廃車後、廃車迄の税金の請求書が送付され、滞納した分は支払わなければいけません。

自動車税を滞納した場合、滞納金がいくらくらいになるのか知るには、自動車税は地方税なので、各都道府県の税事務所に問い合わせることになります。滞納していると、納付の通知書が都道府県の税事務所から届きます。滞納が続くと、金額は次第に大きくなっていきます。各都道府県によって多少違いますが、納付書が赤色になったりして、警告のようになってきます。中には納付書と、財産の差し押さえ予告書があり、○/○までに納付しないとあなたの預貯金を差し押さえます、などと記載されます。

自動車税の滞納の場合は、先ず対象となる車を差し押さえします。東京都は、自動車税を滞納し、再三の督促にも応じない個人や企業が所有するクルマの一斉差し押さえを実施したこともあります。押収されたクルマは税金の納付がなされない場合、インターネットオークションを使って公売されるとのことです。差し押さえまで行かなくても、滞納していれば、車検も通らないので、車は走れないことになります。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る