自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税を節約するために

自動車税の免除

自動車税は、8ナンバーの福祉車両は、一定の免除があります。福祉車両と認められるには、身内に障害者がいるとか、福祉のための業務で使う事が証明されれば減免(値引き)されますが、審査は結構厳しいようです。これ以外、キャンピングカーで登録しても免除がありますが、2003年以降厳しくなり、現在では厳格な審査規定がある為取得が結構難しいみたいです。

身体障害者等が取得し、または所有する自動車等で、身体障害者等自身が運転するもの、または身体障害者等の通勤等のためにその生計同一者が運転するものについては、自動車税、軽自動車税、自動車取得税は免税されます。ただし事業用は除かれます。また、構造上専ら身体障害者の利用に供するためのものと認められる自動車等についても、自動車税、軽自動車税、自動車取得税を全額免除されることになっています。

ただ、自動車税と自動車取得税の2税は地方税なので、都道府県が各々に制定しているため、各都道府県ごとに自動車税の免除についても、金額や条件等が違います。東京都の場合、公益のため直接専用する自動車。構造上専ら障害者の方が使用する自動車。一定の要件に該当する障害者の方又は生計を同一とする方が所有する自動車で、障害者の方自身が運転するもの又は生計を同一とする方がその障害者の方のために運転するもの。これら一定の要件に該当する場合に、申請により減免になります。

自動車取得税の免税については、やはり軽自動車税がお得のようです。軽自動車は購入価格(50万円以下は免税)の3%.小型車は5%となっています。ちなみに、東京都は、平成21年度から電気自動車などについて、自動車税と自動車取得税を全額免除する方針を固めました。対象となる自動車は、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車(家庭用)で、期間は5年間となっています。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る