自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

知っておいた方が良いこと

中古車について

以前は、車を購入するとき、車検が残っていても、車検がない車も自動車税の支払いは同じでした。しかし、平成18年度から、自動車税の月割計算による還付や新たな課税はなくなりました。つまり、車検が残っている名義変更の車に関しては、購入の際に自動車税を支払う必要はないわけです。

しかし、中古車の店によっては、車検が残っている車に関しても、「自動車税相当額」という名目などで請求するところが多いようです。これは、すでに支払っている自動車税を請求する、という意味でしょうが、交渉次第で、その分を値引きしてもらえる可能性もあります。中古車購入の場合は、車検が残っているのかどうかにも注意してみましょう。

また、重量税は毎年払うものではなく、新車購入時や車検を受けるときに、次回の車検までの金額を納めます。重量税に関しては、月割りで支払うという制度はなく、車検が残っている車を買うときは重量税を支払う必要はありません。つまり、名義変更の車で、重量税を請求店は、要注意と言うことになります。店によっては、「車検残存価値」などという名前で請求するところもあるようですが、これも、値引き交渉の余地があります。

自動車取得税は、自動車の取得に対してかかる税金で、新車を購入した時や、中古車を登録した際にかかります。一度税金を納めると、再度課税されることはありません。取得税は、中古車の店が支払いを代行し、後でその金額を請求されることが多いのですが、実際の取得税の金額と、請求される金額が大きく違う場合は、店によく問いただした方が良いでしょう。税額は、税務署からの領収書で確認できるので、税務署からの領収書を見せてもらうようにすることです。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る