自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税の今後

エコカーと自動車税

税制改正により、エコカー減税が2009年4月1日から実施されています。条件として、平成17年低排出ガス車認定75%低減レベル、かつ、ガソリン車で、平成22年度燃費基準25%向上達成車(ディーゼル車は平成17年度燃費準25%向上達成車)。これに対し、自動車税は新車で新規に登録した場合、翌年度の税額が、概ね50%軽減されます。ただし、購入時、2年後〜は減税されません。自動車取得税、自動車重量税は75%軽減となります。

また、平成17年低排出ガス車認定75%低減レベルで、かつ、ガソリン車で、平成22年度燃費基準20%又は15%向上達成車(ディーゼル車は平成17年度燃費基準20%又は15%向上達成車)は、新車で新規に登録した場合、翌年度の税額が概ね25%軽減されます。これも、購入時、2年後〜は減税されません。自動車取得税、自動車重量税は50%軽減となっています。この自動車取得税自動車重量税の免除と軽減は、平成21年度から平成23年度までの時限的措置となっています。

基準に適合した車を保有している人が、2011年度までに車検を迎える場合は、自動車重量税で同様の軽減策が適用されます。電気自動車ハイブリッドカーは、新車で新規に登録した場合、翌年度の税額が概ね50%軽減されます。しかしこれも購入時、2年後〜は適用されませんので注意しましょう。自動車取得税、自動車重量税はいずれも免税となります。

例えば、排気量 1,499cc のクルマを購入すると、普通は34500円ですが、25%向上達成車なら17000円お得。20%又は15%向上達成車なら8500円お得、となります。自動車税に対するエコカー減税で注意することとして、新車登録年の、翌年分が減税になること、というのがあります。つまり、新車購入時には月割の自動車税を払い、翌年度の4月1日からの納付分 (1年分) に、減税が適用されることになります。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る